ホーム 製品ENT調査

Laryngeal腫瘍の切除およびPapillomaの切除に使用するPLA403血しょう調査

Laryngeal腫瘍の切除およびPapillomaの切除に使用するPLA403血しょう調査

  • Laryngeal腫瘍の切除およびPapillomaの切除に使用するPLA403血しょう調査
Laryngeal腫瘍の切除およびPapillomaの切除に使用するPLA403血しょう調査
商品の詳細:
起源の場所: 中国
ブランド名: Mechan
証明: CE, ISO
モデル番号: PLA403
お支払配送条件:
最小注文数量: 5 PCS
価格: Negotiable
支払条件: T/T、L/C、ウェスタン・ユニオン
連絡先
詳細製品概要
ブランド: MECHAN 使用法: Laryngeal操作
利点: 低温 頻度: 100KHZ
ハイライト:

300kn普遍的な強さ機械

,

5000w普遍的な強さのテスター

Laryngeal腫瘍の切除およびPapillomaの切除に使用するPLA403血しょう調査

 

操作の指導

  • 使い捨て可能な血しょう調査のケーブルのプラグが装置に正しく接続される場合、装置はデフォルト力の価値を表示する。各血しょう調査に最高力の限定がある。
  • 使い捨て可能な血しょう調査の関係ワイヤーは傷つくことを防ぐために正しく、置かれ、従って患者か他の満たされたコンダクターに連絡する。
  • 操作の間に、媒体は電極の先端に(塩、乳酸の信号器の解決、等のような)滴るべきである。重力による塩袋の高さを上げることは塩の流れのコントローラーの適用の電極の先端に中型の滴りを支える。

標準的な外科吸引器にA. Connect使い捨て可能な血しょう調査の吸引管。

注意:血しょう調査が使用されないとき、沸騰させた患者を防ぐために塩の滴りを消しなさい

注意:サクション パイプは患者、それと接触して吸引の目的が熱かったら患者を沸騰させるかもしれないあってもよい。

血しょう調査をB. Adjust滴りの管の流れの調整のノブおよび適切な流動度を置くため。

注意:流れの調整のノブは塩の絶え間ない流れがあることを保障するためにより広く開くべきである。

注意:血しょう調査の滴りの管を修理するか、または塩の流動度を置いた場合患者から血しょう調査を取除きなさい、さもなければ液体は患者を沸騰させるかもしれない。

C. Caution:切除および凝固の過程において、執刀者は電子機器により電気刺激はティッシュを押し進ませることができることわかっている。

注意:電極を通る塩の流れが、温度従って上がるかもしれないときそれはことnon-surgical区域への塩の流れ避けるべきである。血しょう調査が取付けられているか、またはきれいになるとき、塩無駄を集める容器があることを確認しなさい。

 

先端

1. 外科の間に、ティッシュは底から中間から側面に、少しずつ越えるために融除されるべきである。吸収機能の電極に:最高の電極の性能を実現するためには、それは十分な吸引を持たなければならない。電極とティッシュ間のある特定のギャップは妨げることを避けるのために有用なべきである。吸引器が働かない、操作は停止し、血しょう調査、吸引管および吸引器は点検されるべきである。吸収機能がきちんと働かなければ、血しょう調査が妨げられる、または吸引器はきちんと働かないことを示す。

  • 調査の先端をティッシュに挿入してはいけない、しかし先端を動かし続けなさい。切除の過程において、吸収の穴は外科切り傷のクリーニングを保つために残余を吸収する。

3. 小さい区域の出血は切除プロセスで基本的に停止することができる。但し凝固機能が必要、電極の表面を出血の位置に置き、凝固機能を同時に置きなさい。血管をゆるめ、次に出血ポイントを再度点検しなさい。

4. 外科の間に、塩に浸るぬれた綿を準備し電極の先端の土をいつでも拭きなさい。先端が拭かれ、きれいになったことを前に扁桃腺の反対側を、確かめる融除しなさい。

5. 使い捨て可能な血しょう調査が妨げられれば、切り傷から次に同時に活動化させる出力電力最高の調査を取られ、塩のコップで浸りべきである。それがそれでも妨げられれば、塩をサクション パイプに調査の先端の方の反対の方向によって注入し、最高力を同時に出力するのにスポイトを使用できる。

 

Laryngeal腫瘍の切除およびPapillomaの切除に使用するPLA403血しょう調査 0

連絡先の詳細
Chengdu Mechan Electronic Technology Co., Ltd

コンタクトパーソン: plasmasurgery

電話番号: +8615228817702

私達に直接お問い合わせを送信
その他の製品